2014年10月17日

094:雇(希屋の浦)

雇われて働いている気でいたがいつの間にやら信頼そこに
posted by 希屋の浦 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年10月16日

093:印(希屋の浦)

所蔵印押した新明解開く辞書を読んでたあの頃の吾
posted by 希屋の浦 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年10月14日

092:勝手(希屋の浦)

両の手で抱けることだけやっていけ勝手にしやがれ僕は知らない
posted by 希屋の浦 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年10月13日

091:覧(希屋の浦)

一覧に名前はなくてまた絶望わたしの未知はまだまだつづく
posted by 希屋の浦 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年10月12日

090:布(希屋の浦)

布告したもう会わないと絶対にもう会わないと……泣きそうになる
posted by 希屋の浦 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年10月08日

089:煽(希屋の浦)

煽られて倒れそうにはなったけどまだ大丈夫まだ大丈夫
posted by 希屋の浦 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年10月07日

088:七(希屋の浦)

七つめの力手にした声宿るもうわたしなら大丈夫だよ
posted by 希屋の浦 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014