2014年10月05日

087:故意(希屋の浦)

ちっぽけな悪意も故意もないキミが初めて見せたぞっとする顔
posted by 希屋の浦 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年10月02日

086:魅(希屋の浦)

ホントウの夢に魅せられ来たこの日少しかじかむ手が愛おしい
posted by 希屋の浦 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年10月01日

085:遥(希屋の浦)

遥かなる昔にいたであろう僕1人称すら思い出せない
posted by 希屋の浦 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年09月30日

084:皇(希屋の浦)

この国がつづくことはなかろうと皇帝陛下かくのたまいき
posted by 希屋の浦 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年09月29日

083:射(希屋の浦)

射貫かれた瞳はすっと細くなり笑うよりかは泣くように見え
posted by 希屋の浦 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年09月28日

082:チェック(希屋の浦)

チェス盤のぐるりを巻いた民衆よチェックメイトのキングが笑う
posted by 希屋の浦 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014

2014年09月26日

081:網(希屋の浦)

網の目をかいくぐっては吾の前に現れる奴幽霊に似た
posted by 希屋の浦 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2014