2015年09月14日

080:標(希屋の浦)

道標少しはわたしも近づいた目的地へのさらなる旅路
posted by 希屋の浦 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年09月12日

079:筆(希屋の浦)

筆入れに入れたわたしの恋心キミは絶対気づかないだろう
posted by 希屋の浦 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年09月11日

078:ソース(希屋の浦)

リソースをいくら見つけたといってもわたしはぐずのまんまと泣いた
posted by 希屋の浦 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年09月10日

077:等(希屋の浦)

沈黙の掟を破る親等の者におかされゆく血の絆
posted by 希屋の浦 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年09月09日

076:舎(希屋の浦)

宿舎にはまだあどけない子供らが笑顔光らせ疑問符を持つ
posted by 希屋の浦 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年09月08日

075:短(希屋の浦)

恋と呼ぶには短くて愛と言うには長すぎたんだキミへの思い
posted by 希屋の浦 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年09月07日

074:唾(希屋の浦)

唾液にも甘みがあるとキスをしたキミくちびるを舐めて言うこと
posted by 希屋の浦 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015