2015年08月18日

060:孔雀(希屋の浦)

羽広げ孔雀は青く微笑んだそんなモノには興味ないのに
posted by 希屋の浦 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年08月17日

059:税(希屋の浦)

血税を納めた過去を振り返るもうわたしには行き先がない
posted by 希屋の浦 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年08月16日

058:士(希屋の浦)

風光る蝉が鳴き声嗄らしても士どもは夢をのこして
posted by 希屋の浦 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年08月15日

057:析(希屋の浦)

解析の結果わたしはどうしてもいつか彼奴を殺すらしいよ……?
posted by 希屋の浦 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年08月14日

056:リボン(希屋の浦)

夏の虹キャラメルリボンを食べているキミのくちびる桜にそまる
posted by 希屋の浦 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年08月13日

055:夫(希屋の浦)

夫(つま)となるひとに恋したわたしにはもう道なんてないんだからね……?
posted by 希屋の浦 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015

2015年08月12日

054:踵(希屋の浦)

踵踏みリズムを刻む音楽はただただ流れわたしをつつむ
posted by 希屋の浦 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2015